カバヤ食品:柿渋配合タブレット「密ケア」発売

2021年6月15日
カバヤ食品:柿渋配合タブレット「密ケア」発売

奈良県立医科大学・MBT との共同開発

カバヤ食品は、公立大学法人奈良県立医科大学(免疫学講座:伊藤利洋教授)及び一般社団法人MBT コンソーシアム(細井裕司理事⾧)と共同開発した、柿渋配合のタブレット『密ケア』を本日より発売開始した。

密ケア

  • 種類別名称:清涼菓子
  • 内容量:17g
  • 価格:オープン価格

手洗い・うがいに次ぐ、日常のケアに


 “行きたい場所に行けない” “会いたい人に会えない”という不安な状況が続く中、奈良県立医科大学とMBT との共同研究で柿渋を配合したタブレットを開発。商品名を「密ケア」として、全国のスーパー、ドラッグストア等で販売する。手洗い・うがいに次ぐ、日常のケアとして誰でも手軽に利用できる。
 「密ケア」は柿から抽出した柿渋を使用。素材特有の“渋み”を独自技術により食べやすい“やさしい渋み”に仕上げている。また硬い品質に仕上がっているため、噛まずになめて喫食することを推奨している。
 品質は直接手に触れないよう個包装され、いつでも手軽に利用できるようチャック付き袋に入っており、外出時やシェアにも向いている。