腸内環境検査キットの提案強化/アトラス日本

2021年11月29日
腸内環境検査キットの提案強化/アトラス日本

海外では食品開発で実績多数

 アトラス日本合同会社(東京都渋谷区、☎03・4590・6691)では腸内環境や遺伝子の検査データを基に健康増進、生活習慣改善に向けたアドバイスを提供している。

 検査に必要な個人データ収集には同社が提供している2つの検査キットを使用する。「アトラス遺伝子検査」は唾液のサンプルを、「アトラス腸内フローラ検査」では糞便サンプを採取し、それぞれユーザーの遺伝子データと微生物DNAデータを解析・解釈・可視化する。

この二つの検査で得られたデータからはⅡ型糖尿病、潰瘍性大腸炎など自分に発症リスクがある疾患や栄養状態、身体の特性、さらに祖先までを知ることができる。

また、これらのデータを活用した医療機関向けのヘルスプラットホーム「アトラスプロ」を展開している。検査結果や食生活、問診票などをオンラインで可視化し医師の判断材料となる質の高い検査レポートを提供できることからロシアでは大手クリニックでも採用されている。

同社のサービスは日本を含めた世界16か国で提供され、これまでに大手サプリメント通販会社による検査キットの販売、大手飲料メーカーや食品メーカーなど100社以上との研究開発といった実績がある。

日本国内においては今後このようなBtoB向けのサービス展開を強化し、食品メーカーへのデータ提供や商品の研究開発への協力も視野に入れている。

同社担当者は「例えば乳酸菌入りの製品など、腸内環境改善を訴求する食品の摂取前後の腸内環境をデータ化することができる。そのため実際に腸内でどのように作用しているかを可視化できる」とコメントしている。