国内自社工場にて製造のNMNを展開/TAメディカル

2022年4月22日
国内自社工場にて製造のNMNを展開/TAメディカル

機能性表示食品の届出を目指し研究開発に邁進


 TAメディカル(沖縄県那覇市、☏098-987-0559)では、昨年12月に設立された一般社団法人NMN機能性食品開発協会のNMN成分に対する研究と機能性表示食品として市場に広く安心で安全なNMNを普及する趣旨に賛同し、同協会の指導の下にNMNの研究開発と製品として高い品質がご提供でき原料と製品作りを進めている。

 同社では、製造プロセスも明確で、純度も高く、品質が安定していることから化学合成法のNMNを採用。GMP認証およびISO22000を取得している自社工場にてNMNを精製・粉体加工しているため、MSDS(化学物質等安全データシート)も自社で発行でき、製造した原料のトレース管理も可能な国内製造原料として供給できる。NMNは嵩密度が低いため製剤化が難しいが、化粧品・健康食品ともに採用実績を重ねている。自社工場で製造しているため、要望に合わせて嵩密度も調整可能であることも強みだ。

 安全性・品質(経口急性毒性試験、重金属検査、純度検査等第三者機関による検査及び自社の受入検査、出荷判定の菌検査及び水分活性の測定等)に関しても厳しく管理しており、純度99・5%以上で不純物(残留物)は、NMNの前駆体であるNRやナイアシンであり、安全な物質であることも確認。豊富な各種データも有しているため、安全性・品質ともに信頼性の高い原料となっている。

 また、同社のNMN原料は、抽出溶媒に食品成分の抽出に認められているエタノールや水を用いており、厚生労働省に食品等輸入届出の際に食品成分として製造法も含めて申告しているため安心・安全な原料を安定供給することができる。  一方で、酵素法のNMN原料の問い合わせにもサポートできるよう、現在、酵素法のNMN原料の供給準備も進めており、今年中には体制が整う予定となっている。