「定期購入ルール」より厳格化

2021年4月19日
「定期購入ルール」より厳格化

「定期購入ルール」より厳格化

特商法改正案閣議決定

3月5日、政府は特商法改正案を閣議決定した。

改正ポイントは通販の定期購入規制が厳格化されること。定期購入において事業者側は定期期間や解約条件を明確化し、違反した場合、業務停止命令などの措置となる。また、定期購入であるにもかかわらず、定期購入ではないかのような誤認行為を行った場合、消費者側による申込みの取り消しができる。事業者側は行政処分(罰金)の対象となる。また、定期購入ではないと誤認させるような表示も明確に禁止となる。