男性の妊活サプリ「ファミリープログラム」発売/ダンテ

2021年9月6日
男性の妊活サプリ「ファミリープログラム」発売/ダンテ

精液成分に働きかける2つの成分配合

 精液成分の郵送検査キット「BUDDY CHECK(バディチェック)®」を販売するダンテ(東京都港区、 https://www.dantte.jp/ )では、男性の妊活対策サプリメント「ファミリープログラム」【写真】を医家向けルートおよびECサイト(https://www.dantte.jp/familyprogram)にて発売した。

 「ファミリープログラム」は、主成分としてアミノ酸の一種であるクレアチンとエルゴチオネインを配合。

クレアチンは精液に多く含まれる成分で、射精後にまっすぐ進む力(直進運動)をサポートするとともに、精子の運動に必要なエネルギー源として利用されることが分かっている。

一方のエルゴチオネインは体内では精液中に最も多く含まれており、精子を酸化ストレスから守る働きが期待される。

この組み合わせは同社と広島大学との約3年にわたる共同研究によって開発されており、ヒト臨床試験でも有効性が確認されている。

 価格は一箱28包入りで7,150円(税込)。同社の研究によると2週間の継続摂取で効果が期待できるため、女性のの生理開始日から飲み始めると排卵日前後に飲み終わる設計となっている。

「ファミリープログラム」という商品名には「ふたりで妊活に取り組んでほしい」との思いが込められており、箱の裏側には飲み忘れ防止用のカレンダーを印刷するなど、消費者目線での商品開発にこだわった。

 パッケージは医療機関でも扱いやすい白を基調としたシンプルなデザインを採用。飲みやすさにも徹底的にこだわり、約30回に及ぶ試作を経て、さっぱりとしたスポーツドリンク風味に仕上げた。

 同社の瀧本陽介社長は「精液成分の検査によって男性不妊のさまざまな原因が分かるようになったが、一方でその解決策はまだまだ少ない。今回の『ファミリープログラム』を皮切りに、今後も新たな解決策を提示していきたい」と意気込む。

 「少子化は日本だけの問題だけでなく、今後世界的に進んでいくことが予想されているので、将来的には世界の少子化対策に貢献したいですね」(瀧本氏)。

「ファミリープログラム」の開発秘話やダンテの取組みについては、瀧本社長のインタビューもぜひご覧ください。