長友佑都氏とコラボしたフィッシュプロテインバー発売/鈴廣蒲鉾本店

2021年7月2日
長友佑都氏とコラボしたフィッシュプロテインバー発売/鈴廣蒲鉾本店

鈴廣かまぼこ×長友佑都「魚肉たんぱく同盟」新プロジェクト開始

かまぼこ製造の老舗である鈴廣蒲鉾本店(神奈川県小田原市)は6月28日、「魚肉たんぱく同盟」新プロジェクトの記者発表会を開催した。発表会では同社代表取締役社長の鈴木博晶氏や、サッカー日本代表の長友佑都氏らが登壇した。

「魚肉たんぱく同盟」は鈴廣かまぼこが作るかまぼこによって長友氏のコンディション向上を目指す取り組みで、高タンパクでアミノ酸をバランス良く含む魚肉タンパクをアピールしていくことを目的としている。

ファットアダプト食事法を取り入れるなど食事を通してコンディションを整えている長友氏はアスリートの健康課題に取り組むCuore(東京都渋谷区)の代表取締役社長 CEOを務めるなどアスリートの健康へ積極的にアプローチしている。

今回発表した新プロジェクトでは、両社のコラボによって誕生した新しいフィッシュプロテインバー「挑・蒲鉾」の発売を発表した。

「挑・蒲鉾」は鈴廣かまぼこの伝統的なかまぼこ製法と長友氏のアイデアを合わせた商品で、タンパク質15gと高タンパク。味はタコが好きな長友氏も太鼓判を押す「タコのガリシア風」など3種類でCuoreの商品プロデュースを行っている加藤超也シェフも味の開発に携わっている。「挑・蒲鉾」はクラウドファンディングサイト「MAKUAKE」で先行販売を開始している。  

 長友氏は「鈴廣かまぼこが作るかまぼこは日常生活でも取り入れていて家族皆で食べている。体のコンディションも良くなってきているので、来年のワールドカップに向けて魚肉タンパクと共に進んでいきたい」と抱負を語った。