【ミネラル】幅広い用途で採用に期待/日本バイオコン

2024年6月10日

 日本バイオコン(名古屋市中川区)では「アクアミネラルT」や「ヘム鉄2.0S」などのミネラル素材を取り揃える。

 同社グループ会社が製造する「アクアミネラルT」は工業汚染の無い手つかずの自然が残る北大西洋(アイスランドなど)の海底に自生する海藻を由来とする天然のミネラル素材。カルシウム、マグネシウム、鉄など数種類のミネラルを含みカルシウム31%以上、マグネシウム2%以上で規格化している。ミネラルを豊富に含有することから一般食品では栄養強化の用途で採用されている。

 これまでに様々な働きが確認され、マウスによる試験ではカルシウムの吸収率、腰椎骨密度が他のカルシウム素材と比較して高いことが確認されている。閉経後の年配女性を対象とした試験では、運動中の骨ミネラル損失の低減も確認され骨密度減少防止の役割も期待されている。この他にも関節や消化器系への有効性も明らかになっていることから健康食品用途で採用拡大が期待される。

同社担当者は「様々な食品に使えるポテンシャルがあるのでまだまだ営業の余地がある」と話す。

 また、豚の血液より精製したヘム鉄素材「ヘム鉄2.0S」は鉄含有量を2~2.6%で規格化している。「アクアミネラル」と同様に鉄分補給のサプリ・食品に採用され、国内で取り扱うサプライヤーが限られる中、安定した供給に努めている。

 この他にも特徴的な素材を数多く取り扱う同社では現在、新素材の取り扱いに向けた準備も進めいているという。


↓↓↓ 購読(電子版・紙版)のお申込みは以下よりお願いします ↓↓↓

ヘルスライフビジネス|株式会社ヘルスビジネスメディア (health-mag.co.jp)