【新商品インタビュー】(株)ダンテ 瀧本陽介社長

2021年9月3日
【新商品インタビュー】(株)ダンテ 瀧本陽介社長

男性の妊活サプリ「ファミリープログラム」新発売

 男性の精液成分を分析する郵送検査キット「バディチェック®」を販売するダンテ(東京都港区、https://www.dantte.jp/)では、精液成分に着目したサプリメント「ファミリープログラム」を先月30日に発売した。本紙では、開発に至るまでの経緯やその特長、苦労した点などを同社代表取締役の瀧本陽介氏に聞いた。

「将来的には世界の少子化対策に貢献したい」

―「ファミリープログラム 」を発売された経緯は。

瀧本 当社は広島大学発のベンチャー企業として2017年に設立し、精液の成分を調べる郵送検査キット「バディチェック®」を販売してきました。

 近年、女性だけでなく男性の「妊活」が注目されるようになりましたが、一方で精液に関する研究は医療・未病どちらの分野においても遅れており、精液成分を検査することができても、その結果に応じた解決方法を提供できないのが課題でした。

 「それならば、自分たちで解決手段を作ろう」と細胞実験からスタートし、動物試験、ヒト臨床試験と約3年にわたって研究を続けたところ、素晴らしい結果を得ることができました。

 この研究から約1年の試行錯誤を経て「ファミリープログラム」の発売に至りました。

製品の特長を。

瀧本 主成分としてクレアチンとエルゴチオネインという2種類のアミノ酸を配合しています。

 精子は卵子に到達するためにまっすぐ泳がなければいけませんが、クレアチンは精子の運動に必要なエネルギーを供給し、直進運動(まっすぐ泳ぐこと)を助ける働きがあります。一方のエルゴチオネインは精液中に蓄積しやすい物質で、精液中に多く含まれることが報告されています。優れた抗酸化作用を持つため、精子中のミトコンドリアを活性酸素によるダメージから守ります。

 この2つの成分によって、2週間という短期間で精液成分に働きかけ、精子の動きの改善が期待できます。

「男性不妊の解決策を今後も提示していきたい」と語る瀧本氏

開発にあたって苦労した点は。

瀧本 クレアチンとエルゴチオネインの研究が終了し、いざ商品開発に移る段階になったのですが、当社ではサプリメントを製造した経験が全くありませんでした。

 そうした時、大手健康食品メーカーで長年商品開発に携わってきたエキスパートを「RD LINK」に紹介してもらい、商品名やコンセプト、デザインなどの設計からOEM企業の選定、発売後のプロモーションに至るまで、多くのアドバイスをいただきました。

 パッケージは医療機関でも扱ってもらえるような清潔感のあるものとし、夫婦の共同作業として妊活に取り組むという意味で「ファミリープログラム」という製品名になりました。箱の裏側には飲み忘れ防止用に2週間分のカレンダーを印刷しており、奥様の生理開始日から飲み始めていただくと、排卵日を迎える2週間後に飲みきれる設計になっています。

 商品開発において「消費者の視点」は非常に重要ですが、私たちだけでは気付けなかったことが非常に多く、当初想定していたものとはいい意味で全く違った製品に仕上げられたと思います。

 こうした人材を一般的な求人サービスで探すのは非常に困難ですが、「RD LINK」の場合は私たちのニーズにマッチしたエキスパートをピンポイントで紹介しくれましたし、人材とのやりとりも間に立ってもらえるので、スムーズにプロジェクトに参加していただくことができました。まさに経験豊富な人材とのリンクで、より良い形での商品開発が進められたと思います。

今後の展望を。

瀧本 男性の不妊に関するメカニズムに関しては長年研究を続けてきましたので、今回の「ファミリープログラム」を皮切りに、今後もさまざまな解決策を提示していきたいです。そして、将来的には日本のみならず世界の少子化対策に貢献していきたいですね。

―ありがとうございました。

「ファミリープログラム」についてはこちらの記事もご覧ください。

(株)ダンテ 会社概要 https://www.dantte.jp/

 2017年設立。精液成分の郵送検査キット「バディチェック®」の販売をはじめ、男性機能に関する検査・研究・開発支援などを得意とする。

RD LINK 【個人向け】 https://rdlink.jp/lp/expert 【法人向け】 https://rdlink.jp/

 RDサポート(東京都中央区、https://www.rdsupport.co.jp/)が提供するヘルスケアや食品産業に特化したエキスパート人材の複業支援サービス。健康食品の企画開発から機能性表示食品の届出資料作成、発売後のマーケティング支援に至るまで、多彩な分野の人材が活躍中。フリーランスから複業可能な正社員まで、複業に関心のあるエキスパートを随時募集している。