スノーデン、新原料「乳酸菌LJ88末EX」発売開始

2021年10月4日
スノーデン、新原料「乳酸菌LJ88末EX」発売開始

スノーデンが、新原料「乳酸菌LJ88末EX」の発売を開始した。

本原料は従来品「乳酸菌LJ88(殺菌)末」の高濃度品で、原料1gあたりの乳酸菌数を500億個で規格化している。

「乳酸菌LJ88」の1日推奨量10億個を、より少ない配合量で実現可能となり、従来原料では100mgの配合が必要であったのに対し、本原料では20mgの配合ですむ設計となっている。

原料配合量の低下により、従来品でメインであった顆粒品に加えて、カプセル品や打錠品等のサプリメント形状への応用がしやすくなり、幅広い食品形態にも対応可能な原料。さらに従来品では賦形剤として三種類(デンプン、還元麦芽糖水飴、デキストリン)使用していたのに対し、新原料はデキストリンのみの一種類とし、シンプルな表示が可能となった。

関連記事