太田胃散会長・太田美明氏が死去

2021年11月2日
太田胃散会長・太田美明氏が死去

株式会社太田胃散の代表取締役会長・太田美明氏が10月25日に死去した。73歳。通夜および葬儀告別式は故人の遺志により、近親者のみにて執り行われた。

太田氏は昭和53年に入社以降、「太田胃散」ブランドの持続的成長と共に、「太田漢方胃腸薬Ⅱ」「太田胃散整腸薬」などの新製品の上市・育成、健康食品事業への参入などに取り組み、同社の経営基盤強化に注力した。

太田氏の活動は自社だけにとどまらず、日本家庭薬協会会長や日本一般用医薬品連合会副会長などを歴任し、OTC医薬品や家庭薬の正しい普及・活性化に尽力。公益財団法人全国防犯協会連合会の会長としては、“安全で安心な社会”の実現に向けた取り組み・功績が認められ、藍綬褒章を受章した。

「誠に勝手ながら、ご弔問ならびにご供花・ご香典・ご弔電・ご供物等はお心だけ頂戴致しまして伏してご辞退申し上げます。後日、弊社主催の『お別れの会』を執り行う予定でございます」(太田胃散)

ご冥福をお祈りいたします。