藻由来DHAの取扱い開始/DICライフテック

2021年9月16日
藻由来DHAの取扱い開始/DICライフテック

SDGs・ベジタリアン対応で提案強化へ

 DICライフテック(東京都中央区)は、微細藻類由来DHAオイル「DHA ORIGINS‐510」(仏・ファーメンタルグ社製)と代理店契約を締結し、このほど国内向けの取扱いを開始した。

 同素材は、微細藻類のシゾキトリウムからDHAを抽出、人工的な濃縮工程を経ずにDHA51%以上という高濃度で規格したもの。

 主な特徴としては①タンク培養のため海洋汚染や気候変動の影響を受けず、安心・安全かつ安定供給が可能なこと、②漁業資源枯渇の心配がないことからSDGsに貢献し得る原料であること、③動物性材料不使用のため、ベジタリアンやヴィーガンに対応できること、④一般的な魚由来のDHAと比べて独特の臭気が少ないこと、⑤藻由来のアスタキサンチンやβ‐カロテンを含み、美しいオレンジ色を呈すること、⑥アレルゲン物質や遺伝子組み換え材料、抽出溶媒は一切不使用であること、⑦米国FDAのGRAS認証やEUのノベルフードも取得していること、など。

 DICグループでは約50年にわたって微細藻類・スピルリナの研究開発および製造販売に取り組んできたが、今後は長年培ってきた知見を生かし、新たな藻類素材の供給拡大にも本腰を入れていく方針だ。