高品質ローズオイルの供給・OEMを展開/ラポールデザイン

2021年9月6日
高品質ローズオイルの供給・OEMを展開/ラポールデザイン

ラポールデザイン(東京都渋谷区、℡03-5774-4344)は、ブルガリア国立バラ研究所が認定する高品質ブルガリアダマスクローズオイルの原料供給ならびにOEMを手掛けている。

 同社が扱うオイルは、世界的ローズ抽出メーカー・ガレン社製のもの。顧客からのリピート率が非常に高く、日本において20年以上の販売実績を持つ。

「バラの女王」との異名も持つブルガリアダマスクローズは、バラのなかでも特に優雅な香りを持つ点が大きな特徴。EUの品質認証制度「原産地認証保護」にも指定されている。

その一方で、悪質な偽造品や模造品の流通がトラブルになることも多い。

同社のオイルはブルガリア国立バラ研究所(ブルガルスカ・ローザ・ブルガリア国立研究所)の国家基準において、ガスマトグラフィ分析、施光度・屈折率分析といった化学分析、専門技術者の官能試験をロットごとにクリアし、偽造防止ホログラムが貼付された鑑定書を所持。品質が保証されている。最終製品販売時に他製品との差別化資料としても活用できる。

この1年間は欧米での需要が高くブルガリアダマスクローズオイルの原料がタイトになるのではと心配されたが、今年5月の収穫は豊作で、供給体制は万全だという。また、同社では3年間の平均価格を用いて販売価格を決定する仕組みを確立していることから、安定価格での提案が可能だ。

 研究面でも積極的な取り組みを進めており、現在は「睡眠の質」での機能性表示に大きな期待を寄せている。今後は「機能性表示届出に向けてさらに具体的に取り組んでいきたい」(同社)という。

 OEMでは原料メーカーと連携したエビデンス提案や、多くの事業を展開する同社だからこそできるマーケティング情報の提供など、細やかな顧客へのサポートを徹底している。