中国、タンパク質とDHAを保健食品の原料目録に

2022年1月19日
中国、タンパク質とDHAを保健食品の原料目録に

「保健食品原料目録(2022年版)」のパブコメを実施


 中国国家市場監督管理総局はこのほど「保健食品原料目録タンパク質(意見募集稿)」「保健食品原料目録栄養素補充剤(2022年版)(意見募集稿)」と「保健食品の保健効能目録栄養素剤(2022年版)(意見募集稿)」を公布し、パブコメ募集を開始した。今回保健食品原料目録に収録予定の原料には、機能性保健食品の原料では分離大豆タンパク質、乳清タンパク質、栄養素補充剤の原料ではDHA、カゼインホスホペプチド+カルシウム、ホリナートカルシウムとD-グルコサミン塩酸塩が含まれている。

分離大豆タンパク質と乳清タンパク質保健効能は「免疫力の増強」

 「保健食品原料目録タンパク質(意見募集 稿)」では、機能性保健食品原料として収録予定の分離大豆タンパク質と乳清タンパク質の選定理由(保健食品原料の候補とした理由)、保健効能、服用対象者、1日の用量及び原料の技術要求について定められた。(表1参照)分離大豆タンパク質と乳清タンパク質とも保健効能は免疫力の増強で、使用(服用)対象者は「タンパク質摂取の不足により、免疫力が低下した人」だが、少年児童と妊婦・授乳婦は特殊敏感者であることから、食用安全を考慮して対象外にしたという。

詳しくは「ヘルスビジネス チャイナ&アジア2022年2月号」に掲載