認知機能対策サプリ「メモトニック」新発売

2022年2月2日
認知機能対策サプリ「メモトニック」新発売

「食品開発展2022」でPR/ティーアンドアール

 ティーアンドアール(埼玉県加須市、 https://tandr-style.com/ )はこのほど、欧州で豊富な販売実績を持つ認知機能対策サプリメント「メモトニック」((仏・ラボラトリーズコプメッド社製)を発売する。

 「メモトニック」は、主原料としてブドウよびブルーベリー抽出物「メモフェノール」を使用しているほか、イチョウ葉、パコパモニエラ、コメヌカ抽出物、葉酸、ビタミンB12など厳選した植物性のサポート成分を配合。

 「メモフェノール」の機能性については、200人以上の高齢者を対象とした大規模臨床試験を実施。同試験では、メモフェノールを6か月間摂取することで認知機能の平均スコアが約10才若返ったことが分かった。また、学生を対象とした臨床試験では記憶・学習・知的パフォーマンスの向上が確認されるなど数多くのエビデンスが報告されている。

超高齢社会を迎えた日本では認知症の罹患者数が600万人を突破したと試算されているが、一方で認知症の明確な予防・治療方法が打ち出せていないのが現状だ。

そうした中、同社ではエビデンスに基づいたサプリメントを活用することによって、早期段階での認知症予防の重要性を訴えている。同時に、ビジネスパーソンの仕事効率アップや子供の学習能力向上など幅広い世代やシーンに「メモトニック」を提案していく方針だ。

このほか、同社では日本初上陸となる植物性ビタミンD3を配合したスプレータイプのサプリメント「バイタルD3ベジタブル」、サフラン抽出物を配合した抗ストレス・快眠サプリメント「サフラナール サブリンガル」、IBS(過敏性大腸炎)への有効性を確認している生きた乳酸菌3種類配合の「プロバイオティクスIBS」、厳選された3種類の生菌とアカシアガム、ビタミンD3の相乗効果で腸内環境を改善し、免疫強化を図る「プロバイオティクスイミュニティ」などを今春以降上市する予定。

これらの新商品については、2月8~10日に東京ビッグサイトで開催される「健康博覧会2022」でPRを行う(小間番号:1K-07)。

関連記事