国内で唯一国産β-アラニンを製造・供給/有機合成薬品工業

2022年6月3日
国内で唯一国産β-アラニンを製造・供給/有機合成薬品工業

国内で唯一国産β-アラニンの製造・供給を継続、昨年FSSC22000取得


 有機合成薬品工業(東京都中央区、☏03-3664-3980)は、国内で唯一β-アラニンの製造および供給をGMP管理体制のもとで行っている。
 同社では、β-アラニンのほか、グリシンなどのアミノ酸の製造から医薬品原薬、工業用機能性材料の原料などの製造開発も手掛けている。
 製造工場は、昨年3月に食品安全マネジメントシステムの国際的な規格である「FSSC22000認証」を取得。2020年度より「クオリティーカルチャーの向上」を掲げ、これまでのISO9001やGMPを基盤とした安全管理および品質管理システムからさらなるレベルアップを図っている。
2019年にβ-アラニンが食薬区分の「非医薬品リスト」に追加されて以降、国内でも注目を集めているが、現在、国内でβ-アラニンを製造しているのは同社のみで、唯一国産の原料を供給できることも強みの一つだ。


 また、研究にも力を入れており、2021年8月には外部研究機関との共同研究により、β-アラニンおよびグリシンにミトコンドリアを活性化する機能を確認。国内および各国へ特許出願中だ。そのほか、β-アラニンには、疲労感軽減や筋力増加などスポーツニュートリション向けのエビデンスが報告されている。
 β-アラニンには特有の「β-アラニンフラッシュ」という肌にピリピリする感覚が起こることから体感性を感じやすいことで知られているが、同社では、サルコペニアなどの高齢者向けの提案も視野に入れ、フラッシングを抑える製造技術の開発も検討している。
 海外向けの引き合いが多いが、今後は国内への提案も強化していく方針だ。