丸剤OEMの提案強化/コバタ総合研究所

2022年6月17日
丸剤OEMの提案強化/コバタ総合研究所

主原料の形状問わず高含有化が可能

 コバタ総合研究所(和歌山県橋本市)は、ブラジルのISO9001認定工場から直輸入し、抽出から製造までを国内自社工場で一貫生産したブラジル産プロポリスを原料・OEM供給している。また、NB商品として「小畑屋蜂衛門」シリーズを販売。抽出エキス、丸剤(丸粒)【写真】、キャンディーなどをラインアップしている。

 同社は、主原料の形状を問わず高含有化が可能な丸剤の製造を得意とする健食受託製造企業。プロポリスのOEMに関しても、差別化できる剤形として丸剤への引き合いが増えており、同社では今後も提案強化に努めていく。