スポーツの体つくりに魚由来コラーゲンを提案/日祥

2022年8月5日
スポーツの体つくりに魚由来コラーゲンを提案/日祥

アスリート対象の試験で体重、筋肉量の維持を確認

 日祥(東京都千代田区)は海洋魚由来のコラーゲンペプチド「マリンコラーゲンオリゴ」を供給している。

 海洋魚のうろこを抽出・酵素分解して製造する「マリンコラーゲンオリゴ」はこれまでに行われた試験で肌質改善効果をはじめ骨代謝改善、廃用性筋委縮阻害効果など数々の機能性が明らかになっている。

 最近ではアスリートの体つくりに対する働きが注目されている。同社がアメフト選手を対象に実施した試験では、コントロール群(ホエイプロテイン20g/日摂取)とマリンコラーゲン群(ホエイプロテイン10g/日と同製品10g/日摂取)に分かれて1年間摂取してもらい体重、筋重量を評価した結果、コントロール群では体重、筋重量共に有意に減少したのに対し、マリンコラーゲン摂取群では維持傾向にあることが確認された。また、過度な安静や活動量の低下によって生じた「廃用性筋委縮」の阻害効果も期待できる。(特許第6222663号「筋萎縮抑制剤」)

 この結果から、同製品の摂取によって筋肉の維持する効果が期待され、同社では市場で一般的なタンパク質とは異なる切り口で提案を強化している。高付加価値のハイグレードと価格を抑えたマルチグレードでそれぞれ食品向け、飲料向けを取り揃え、さらに化粧品グレードを加えた計5製品を上市している。

関連記事