ロカボ食PBを拡充/マツキヨココカラ&CO

2022年5月10日
ロカボ食PBを拡充/マツキヨココカラ&CO

ワンランク上のロカボライフ浸透を狙う

マツキヨココカラ&カンパニーは、美と健康をトータルサポートするオリジナルヘルスケアブランド「matsukiyo LAB(マツキヨラボ)」から、持続可能な低糖質ライフをサポートする 「サステナブルロカボライン」の新商品として、 「matsukiyo LAB ドーナツ 紅茶味/メープル味」を8月11日より全国のマツモトキヨシグループ、ココカラファイングループの店舗で販売開始する。

matsukiyo LABの「サステナブルロカボライン」は、昨今の低糖質ニーズの高まりを受け、2021年5月に誕生。

美味しさと低糖質を両立させて、ロカボライフの新たなシーンを提案している。

さらに、2021年からは、従来のロカボ(低糖質)の基準に加え、食物繊維などの栄養素についても基準を定めた 「ロカボプラス」※を満たすラインアップも登場。ライン全体の販売数は、2022年3月時点で累計150万個を突破している。

※「ロカボプラス」は、約120社が加盟する 「食 ・楽 ・健康協会」が2021年9月に立ち上げたロカボ商品の新基準。既存の 「ロカボマーク」で規定された糖質量の条件に加え、たんぱく質や食物繊維の含有量など、5つの条件のうち1つ以上を満たした商品のみを認証。新たな基準により、低糖質かつ栄養補給が可能なワンランク上のロカボライフの浸透を目指す。

matsukiyo LAB サステナブルロカボラインは、美味しく楽しく続けられることを重視し、美味しいと思えるギリギリを狙う、“美味しさの最適点”を、一品一品追求したシリーズ。低糖質ながら美味しく食べられる商品を通じて、生活者のサステナブル(持続可能)なロカボライフを支援する。

Tags :